「桃栗三年柿八年」の続きが酷すぎる!私なら心が折れる自信がある


「桃栗三年柿八年」。良く知ったくだものをリズムよく口ずさめるから、だれでも覚えている「ことわざ」です。

でも、「ことわざ」というからには、何かを物事の本質や、あるあるを伝えるメッセージが込められているはず。さて、これは何を伝えたい「ことわざ」でしょうか。しかも八年の後に続きがあるという・・。

「桃栗三年柿八年」の語源。誰が言いだしたのか

江戸時代後期に作られたという『尾張(大阪)いろはかるた』の「も」のことわざとして「桃栗三年柿八年」という言葉が登場しています。

ちなみ、『江戸のいろはかるた』では「門前の小僧習わぬ経を読む」、『京都のいろはかるた』では「餅は餅屋」となっています。

「も」のことわざでくらべてみると、大阪人は「地道に努力をせよ」との説教をうけ、京都人は「物事はプロにまかせろ」と、東京人は「育つ環境って重要なんだぜ」と言われているのですね。

個性が出ていておもしろいのですが、ご当地のみなさん、思い当たるフシはありますか?

「桃栗三年柿八年」の意味

桃と栗は植えたら比較的早く食べられるけど、柿はなかなか実らないから早く植えましょうとそのままの字面で捉えていませんか?

私は桃を食べる時、ああ3年で実がなるなら庭に植えたいなとか、柿を食べる時に種を見て、時間がかかりそうだからウチではいいや。と真面目に思ってしまいます。

このことわざは、果樹を植えたら、食べられる実がなるまでに相応の歳月を待たねばならないことを例にあげて、「何事も成就するまでにはそれ相応の年月を必要とする」という教訓を伝えています。

すぐに結果を求めたがる人に対して、まずは地道な努力が大切であると言い聞かせる場合などに使われます。つまり、来週に資格の試験があるからといって、今日参考書を買って勉強を始めたからといって、合格できるほど世の中甘くないということです。

ところが、このことわざには別の意味があるそうです。

勤勉に働いた人は三年で一人前になれる、少しだけ努力した人は八年で一人前に、普通の人は九年かかる、努力しない人は十八年かかっても一人前になれない。

結構、辛辣なことを言っていますね・・・。

「桃栗三年柿八年」に続きがあった!あまりにも厳しすぎる!

上記の9年かかるだの、18年かかってもダメなヤツはダメだの辛辣なメッセージですが、なぜそんな年数が出てきたのかというと、オリジナルのことわざにも続きがあるからです。

続きには地域などによって、さまざまなパターンがあります。

たとえば、「梨の馬鹿目が18年」「柚子は大馬鹿18年」「林檎ニコニコ25年」「梅は酸い酸い13年」など。ほかには銀杏(ぎんなん)やミカンが登場するものもあります。

大馬鹿者扱いされた梨や柚子たちよ・・w お気の毒としか言いようがありません。



ことわざと、リアルの収穫までかかる年月がほぼ同じだった!

桃栗柿の年数は適当な数字があてはめられているのではなく、収穫が出来るような実を付けるまでの年数とほぼ同じ数字となっています。

農業関係者までも、このことわざを目安としてアドバイスするくらいなので、私のセンスもあながち間違ってなかったようです。よかった。

梨は日本梨や中国梨が3~4年、西洋梨は5~7年で実がなるそうです。

柚子は接ぎ木など工夫をすると早くて3~4年で実がなるそうですが、昔の栽培技術でそのまま種から育てると10年以上かかる時もあるとか。

梨はこのことわざの作者を訴えてもいいと思うぞ。

果物の後はなぜか人間が出てくる

さて、林檎ニコニコ25年などの後には、「女房の不作は60年、亭主の不作はこれまた一生、あーこりゃこりゃ」と続くそうです。結婚から60年って昔の平均寿命を考えると誰も生きていないような気がするのですが。

相性の悪い相手と結婚してしまうと、何ともならないということでしょうね。成長なんて待っていられないと・・・。何とも耳の痛い話です。

武者小路実篤が自分自身を叱咤激励した「達磨は九年で俺は一生」

武者小路実篤(むしゃのこうじ さねあつ)は明治18年生まれの小説家・詩人・劇作家・画家です。

氏は著書『武者小路実篤詩集』の中にある詩で「桃栗三年柿八年、達磨は九年で俺は一生」と表現しました。

一種のパロディーですね。後半の「達磨は九年で俺は一生」は彼の創作です。なぜこのように表現したのでしょうか。

達磨大師(だるまたいし、ダルマさんのモデルのお坊さん)が、悟りを開くまで、中国の嵩山の少林寺で壁に向かって座禅を組み続けて9年かかりました。この故事が由来となり、「面壁九年(めんぺき)」という言葉ができました。

武者小路実篤はそれに続けて「俺は一生」と表現して締めくくります。

達磨大師ですら実を結ぶのに9年もかかったのだから、自分自身が実るには一生かかる、生涯修行だということを表現したかったのでしょう。

まとめと教訓

まあ、つまり、「桃栗三年柿八年」の作者が言いたかったのは、何事もすぐには成果が出ないのだから辛抱強く続けなさいってことですよ。言うのは簡単ですが実行は難しいですけどね。

とはいっても、種をまかないと始まることすら出来ていませんね。まずは種をまくところから始めてみましょう。「思い立ったが吉日」ですよ。あれ?違うことわざで話を締めてしまいました。


桃栗三年柿八年。「桃」といえば、3月3日は「桃」の節句です。