【歳時記】3月14日 今日は何の日?:ホワイトデー、円周率の日 など

ホワイトデー

2月14日のバレンタインデーにチョコレートを贈られた男性が返礼のプレゼントをする日です。

日本だけの謎文化?ホワイトデー

日本でバレンタインデーが定着するにしたがって、若い世代の間でそれにお返ししようという風潮が生まれました。

贈答品文化ですからね。いや、贈答品は世界中でありますが、義理にでも返礼品を求めるのは日本的かな。香典返しとかね。

さて、お返しをしようという風潮を受けてお菓子業界が昭和50年代に入ってからマシュマロやキャンディーやクッキー等を「お返しの贈り物」として独自の日を決めて宣伝販売するようになりました。

まだこの時点では3月14日を意識してプロモーションはしていませんでした。お返しする男性も、適切な時期にお返ししていればそれで良しという感覚だったのでしょう。

この動きを全国飴菓子工業協同組合の関東地区部会が「ホワイトデー」として催事化しました。

1978年に「キャンディーを贈る日」として制定し、その2年後の1980年に第1回目のホワイトデーが開催されました。

小さいころから、なぜ「キャンディー」なのか不思議でした。チョコレート業界に商売のネタを奪われたらキャンディー業界の仕返しだとかテキトーな説に納得していました。今はキャンディーに拘るということも無いのでしょうね。

ホワイトデーのお返しは「倍返し」?

ホワイトデーにお返しするとして、みなさんはどれぐらいの予算を見込みますか?

「Men‘s JOKER」編集部が2016年に実施した「女性が考える『ホワイトデーのお返し適正価格』アンケートによると、ホワイトデーのお返し相場は

「500円~程度の品物」と考える男性が多い
「1000円~以上が相場」と考える女性が多い
「義理チョコ」としてもらった場合であっても、1000円以上のお返しを「相場」と考える女性が多い

そうですよ。義理チョコでも倍返しを期待されるとは、男性陣も大変です。「半沢直樹」じゃないんだから・・・。

円周率の日

円周率の近似値が「3.14159265…」とされることから、「3.14」を3月14日に見立てて制定された記念日です。

日本数学検定協会が記念日に制定しました。

世界的にも円周率の日や「π」パイの日だったりする。

円周率の近似値をギリシャ語で「π(パイ)」と表現するので、大学の数学科では「パイ」を焼いたりしてパーティーをしたりするそうです。

アメリカでは、2009年の下院決議で「全米円周率の日」(National Pi Day)になりました。

この決議案では、学校でこの日を利用して生徒に円周率について教え、「数学を学ぶ魅力を伝える」よう呼びかけています。

なお、3月14日、理論物理学者アルベルト・アインシュタイン博士(Albert Einstein、1879~1955年)の誕生日でもあります。物理学、数学的にイベントにピッタリの日ですね。

円周率の役に立たない豆知識

円周率、ほとんどの人が「3.14」で覚えているとおもいます。

ご存じのとおり、円周率は永久に続くらしく、コンピューターを使ってさらに細かく、小数点以下、何万、何億桁と計算されていて、今もなお続いています。

現在の円周率は「約31兆桁」までされている

計算したのは、日本出身の女性技術者の岩尾エマはるかさん。

円周率を小数点以下約31兆4000億桁まで計算し、2019年に世界記録を更新しました。これまでの約22兆桁を大幅に上回る記録です。

Googleにお勤めの彼女は、同社のクラウドコンピューティングサービスを駆使して、記録を塗り替えました。

この豆知識はあまり役に立たないと思いますが、この桁数の円周率、果たして役に立つのでしょうか。

アメリカ航空宇宙局(NASA)はこれまでに、円周率の使用方法リストを公開しています。一例として、

火星の表面に惑星探査機を着地させるのに必要なパラシュートのサイズを計算する
地球の表面のマッピングに長方形カメラがいくつ必要なのかを導き出す
惑星の周りの軌道に突入するために宇宙探査機にブレーキをかける適切なタイミングを計る

だそうです。これらの用途なら、正確な計算をするためには、かなりの桁数が必要になりそう。私たちの「3.14」では大ざっぱ過ぎて、衛星は明後日の方向に飛んでいくのでしょうね。



円周率の中に「123456789」が登場する

これだけの桁数が計算されているので、どんな数字でも登場します。

もちろん、123456789という並び方も登場しています。これは5億2355万1502桁目で初登場するそうです。

円周率のなかのゾロ目。「0」が12個連続する

円周率の中で同じ数字が並ぶ箇所も出てきます。初めの方で目立つのは、「999999」が現れる762桁。

さらに円周率の中に「0」が12個連続して並ぶ箇所があることが分かりました。

しかし、こういった事はさほど驚くべきことでもないようで、何兆桁もランダムで数字を並べていれば、そんな数字の並びも出てくるのも自然なことのようです。

円周率の歴史は長い。4000年前から使われていた

円周率の歴史は長く、世界で初めて円周率の研究が始まったのでは、今から約4000年前、紀元前2000年頃のことです。

その当時、文明が発達していた古代バビロニアのバビロニア人とエジプト人が、建造物を建てる際、円の円周の長さを知る必要があったため円周率という概念を考え出したと言われています。

その頃は、円周率を「3」として、円の直径に3を掛けて円周の長さを求めていました。

円周率を覚えるのに語呂合わせがある

√2の小数値「1.41421356」を「一夜一夜に人見頃」で覚えた人は多いと思います。

円周率は3.14で済みましたからね。覚えるのも簡単でした。ところで、この続きを覚えたい人向けには、語呂合わせもあるようです。

「3.14159265」なら「産医師異国に向こう」

それ以下、「3589793238462・6433832795028・841971693・993751058209」は、
「産後薬なく産婦みやしろに・虫さんざん闇に鳴くころにや・弥生急な色草・九九見ないと小屋に置く」
「産後薬なく産痛さ走る・二浪し散々破産に泣く・これには芭蕉一句ない・リュックサック草薙入れ」
などがあるそうです。

円周率10万桁暗記の世界記録は日本人

上の、語呂合わせで20桁ぐらいは覚えられそうですが、世の中にはトンデモナイ記録を持つ方がいて、世界には円周率を10万桁!も暗記した方がいるのです。しかも日本在住の日本人。原口證(はらぐちあきら)さん。

最初の挑戦は2004年58歳のときで、5万4000桁の暗唱を記録。さらに、同じ年に6万8000桁を暗唱し、翌年は8万3431桁、さらに2009年、10万桁の暗唱の偉業達成と、わずか数年で世界記録を4回も更新しています。

その当時、テレビや新聞で報道されたのでご存知の方も多いかもしれません。

しかし、どういうわけか10万桁の記録は、まだギネス社が認定していないそうです。

全部を暗唱するのに16時間30分もかかったそうです。もちろん、全て録画して、審判員に囲まれての記録挑戦です。

しかもトイレ休憩の時まで不正防止のために審判員が密着したらしいのですが・・・。判定に悩む部分があるのでしょうか。



3月14日の誕生花と誕生石

3月14日の誕生花:「カモミール」「スイートアリッサム」「ブルーデイジー」

カモミールの花言葉は「逆境に耐える」「逆境で生まれる力」

これは、カモミールが地面をはうように生え、踏まれれば踏まれるほど丈夫に育つことに由来します。

3月14日の誕生石:「カラーレススピネル」「ターコイズ」

スピネル(尖晶石)の名前は、結晶が尖っていることからラテン語でとげを意味する「spina」に由来します。

「ルビー」や「サファイア」と同じ場所で産出され、しかも色がよく似ている事から間違って取り扱われてきたことも多かったそうです。

3月14日生まれの有名人・芸能人(敬称略)

山口智充 お笑いタレント 1969年3月14日
ほしのあき タレント 1977年3月14日
黒木華 女優 1990年3月14日
酒井高徳 プロサッカー選手 1991年3月14日