【歳時記】3月15日 今日は何の日?:靴の記念日、世界消費者権利の日、オリーブの日など

靴の記念日

今でも「洋服」という言葉は普通に使われています。「和服」や「着物」の対義語という意味合いをふくんでいなくても、少し改まった服や服装だと「洋服」と言ったりします。

さて、それと比べると、今は使われなくなった「洋靴(西洋靴)」という言葉。

日本の伝統的な履き物は草履や下駄なので、私たちが普段はいている革靴、ブーツ、スニーカーにしろすべて「洋靴」なのでしょうが、この言葉、どこかに行ってしまったようです。

さて、旧暦明治3年3月15日に、西村勝三氏が東京の築地入船町(現:東京都中央区入船)に日本初となる西洋靴の工場「伊勢勝造靴場」を開設しました。これにちなんで、日本靴連盟が「靴の記念日」に制定しました。

当時、靴は輸入品しかなかったのですが、とりわけ靴を必要としていたのが新政府軍。軍靴がどれも大き過ぎたので不満が相次ぎました。

ならば「日本人の足に合う西洋靴をつくってほしい」という、日本陸軍創始者・大村益次郎氏の提案に応えるかたちで実現されました。

この「伊勢勝造靴場」ですが、誰もが知っている「リーガル」の前身だそうです。こんな歴史があったとは。

世界消費者権利の日

きっかけは、1962(昭和37)年3月15日に、アメリカ第35代大統領ジョン・F・ケネディが、「消費者には権利がある」と一般教書で発表したことに由来します。

記念日を提唱したのは、国際消費者機構。これは、消費者問題解決のための国際協力を目的として1960(昭和35)年に設立された国際的組織です。本部はロンドンにあり、日本を含む世界中の消費者団体が加盟しています。

消費者の権利確立・拡大の動きが消費者団体から企業ではなく、ケネディ大統領からはじまったというのが興味を引きました。

こういう政治リーダーが選ばれるところがアメリカの魅力だと私は思うのです。いえ、近年のアメリカ政治への皮肉ではありませんよ。率直に思っただけです。

オリーブの日

ここ10年ほどですっかり定着した感のあるオリーブオイル。その「オリーブ」の日です。マンガの「ポパイ」の恋人の方でありませんw

由来は、1950(昭和25)年3月15日に昭和天皇が香川県・小豆島で、オリーブの種をお手撒きされた
ことにちなみます。オリーブを守る会が記念日に制定しました。

オリーブの歴史は古いですね。人類最古の文明地帯であるエジプトやメソポタミアが原産ですから、文明とともにあると言っても過言ではありません。

オリーブはギリシア神話やエジプト神話などにも登場していることからわかるように、古くから世界各地で大切にされていて、信仰の対象となっていました。

オリーブの実からとれるオリーブオイルは、人類が手にした最古の油とされています。

旧約聖書でもオリーブは特別扱い(?)ですからね。

「ノアの方舟」の話では、大洪水から逃れた際に放ったハトがオリーブの枝をくわえて戻って来たのを確認したノアは、洪水の水が地上から引き始めたことを知ります。

古代ユダヤ人の間でもオリーブは大切な存在だったのでしょう。

3月15日の誕生花

「クンシラン」「ワスレナグサ」

ワスレナグサの花言葉の「真実の愛」「私を忘れないで」、これらは中世ドイツの悲恋伝説に由来します。

3月15日生まれの有名人・芸能人(敬称略)

原敬 第19代内閣総理大臣 1856年3月15日~1921年11月4日
肥後克広(だちょう倶楽部) お笑いタレント 1963年3月15日
武豊 騎手 / 1969年3月15日
山本”KID”徳郁 総合格闘家 / 1977年3月15日~2018年9月18日
とにかく明るい安村 お笑いタレント / 1982年3月15日
マイコ 女優 / 1985年3月15日
北乃きい 女優 / 1991年3月15日