ここにきて寒気が弱まらないまま日本列島直撃の予報に

 タイトルのとおり、土曜日、日曜日と予報が更新されるたびに、寒気が弱まらずに日本列島に直撃するような予報になってきました。しかも、一発屋かと思ったら、結構じりじりと居座りそう。三日間ほどですが。

 それでも、スキー場では待望の雪になりそうですね。
14日現在、白馬の八方尾根など名だたるスキー場でもいまだにオープンできずにいますし、野沢温泉でも、上部のやまびこゲレンデなど一部のみの開業にとどまっています。奥美濃でも、最大規模の高鷲スノーパークをはじめ、めいほうスキー場も開業を延長しています。
この寒波で全面コース使えるぐらいになるとさらに良しです。

とはいえ、日本海側の道府県では警報級の大雪になることを示唆されてますので、被害が出ないことを願います。

気象庁も北陸から中国地方にかけて「雪に関する気象情報」を発表しています。
大雪と高波に関する北陸地方気象情報 第4号
雪に関する近畿地方気象情報 第1号
雪に関する中国地方気象情報 第1号