【歳時記】 今日は何の日? 3月21日はランドセルの日。由来や語源、色が黒と赤の理由

ランドセルの日の由来

3月21日の各数字を「3+2+1」とした時の合計が「6」、これが小学校の修業年数と同じということで、
ランドセルをミニサイズに加工する店「スキップ」やミニランドセルの制作者たちが提唱して記念日になりました。

ランドセルの元は軍用品!?ランドセルの語源は?

日本の多くの小学生が通学カバンとして使っているランドセル。

元々は幕府の洋式軍隊のバックパック(リュック)が始まりです。

江戸幕府が洋式軍隊制度を導入するときに、将兵の携行物を収納するための装備品として、オランダからもたらされたバックパックを導入します。

このオランダ語が「Ransel」(「ランセル」または「ラヌセル」)。徐々にこのオランダ語呼称がなまって「ランドセル」になったとされています。

明治時代以降、本格的な洋式軍隊として整備されたされた帝国陸軍でも、歩兵から下士官用として革製のバックパックが採用されています。そのころも通称「ランドセル」と呼んでいたのかもしれません。

初めて通学カバンとしてランドセルを使ったのは大正天皇?だれからの贈り物?

通学カバンとしてのランドセルが利用されたのは、学習院初等科が起源とされています。

創立間もない1885(明治18)年、学習院は「教育の場での平等」との理念から児童・生徒が馬車・人力車で登校することを禁じます。

そこで、学用品を入れ生徒が自分で持ち登校するための通学カバンが導入されましたが、当初はリュックサックのような形でした。

この頃のイイところのお坊ちゃん(華族の人たちですね。もとは公家だったり大名だった人たちです)ですから、送り迎え付きは当然、しかもカバンもお付きの「爺や」や「執事」が持ってくれていたのでしょう。マンガのような世界ですが、そういう時代だったのですね。

ここで、通学カバンとしてのランドセルの話に戻ります。

1887(明治20)年、当時皇太子であった嘉仁親王(後の大正天皇)が学習院初等科に入学された際、初代内閣総理大臣・伊藤博文が帝国陸軍の将校のリュックサックに似せた通学カバン(箱型ランドセル)をお祝いに贈りました。

これを原型とする箱型ランドセルは、現在も「学習院型ランドセル」と呼ばれています。

牛革製だったランドセル。昔は高級品だった

こどもたちが6年間使えるのですから、ランドセルってすごく丈夫なカバンですよね。

もちろん、メーカーの品質へのこだわりや努力があってこその丈夫さではありますが、先に触れたとおり軍用カバンがルーツですから、もともと丈夫になりうる構造なのかもしれません。

素材も、軍用カバンの流れを受け通学用カバンとして普及したランドセルにも、強度の高い牛革が使われていました。

とはいえ牛革は高級品です。現実には、ごく一部の富裕層しか手に入れることはできませんでした。

学習院を皮切りに、ランドセルは都市部の上級家庭から徐々に広がって行きましたが、地方や一般家庭の子どもたちにまで普及するにはかなりの時間がかかりました。

このため、ランドセル以外の通学カバンとして、布製のカバンや風呂敷を使っていた子どもたちも大勢いました。朝の連ドラや映画でその様子をうかがい知ることができます。

ランドセルが津々浦々にまで普及し始める昭和30年代には、アルミ製のランドセルといった変わり種もありました。

この頃からに織物をベースとした合成皮革も使用されるようになり、価格も少しずつお手ごろになっていきました。

ランドセルの人工皮革といえば、「クラリーノ」が有名です。

1964(昭和39)年、クラレが世界初の人工皮革「クラリーノ」を開発し、翌年からランドセル用に生産が開始されます。軽くてメンテが不要なので、普及が進みました。

現在のランドセルの素材別シェアは、人工・合成皮革が約70%、本革が約30%となっています。



男の子のランドセルの色、黒が基本だったのは

近年は青色やピンクなど鮮やかな色のランドセルもふえ、通勤の風景がカラフルになりました。ひと昔前、2000年以前は、男子は黒、女子は赤のランドセルがほとんどでした。

それよりもう少し前に小学生をしていた私も、ランドセルの色はそういうモノだと深く考えることもありませんでしたが、なぜ決められているわけでもないのに色のバリエーションがなかったのか、少し不思議です。

これも由来は前述の学習院にあります。

ランドセルの色が日本で初めて規定されたのは、1990(明治23)年。当時皇太子だった大正天皇がランドセルを背負って通学を始めて3年たってからですね。学習院において、通学カバンとして広まっていたランドセルの素材が黒革に定められました。

女の子のランドセルが赤色になったのは?

天然の牛皮革が使用されていた唱和30年ごろまでのランドセル。牛革をムラなく染色することはとても難しく、比較的美しく仕上げることができるのが黒と赤だったという説があります。

女の子のランドセルが赤になったのは、おそらく当時の感覚では女の子が使うカバンとして赤色が適切だと思われていたらでしょう。女の子には黒か赤のどちらがいい?ということになれば、当時なら普通に赤を選びますよね。

ということで、当時の社会通念をふまえても、男の子のランドセルが青で緑でもなく「黒」、女の子のランドセルがピンクでもなく「赤」なのは染色技術によるものだったのです。

今は色のバリエーションが豊富で、個性や好みで色を選べる良い時代になりました。