【歳時記】3月22日 今日は何の日?:放送記念日、世界水の日など

放送記念日

1925(大正14)年3月22日、NHKラジオ第1放送が日本初のラジオ仮放送を始めました。これを記念してNHKが1943年に制定しました。

厳密には、当時は、NHKはまだ設立されていなくて、前身となる組織の「社団法人・東京放送局」という放送局が行っています。

1台のラジオ送信機を東京と大阪で奪い合い

東京放送局は、この年の3月1日から「ラジオ放送を開始する」と告知して、ずいぶん前から宣伝活動も行っていました。

ところが、、当時、日本にたった1台しかなかった東京放送局が購入を予定していたラジオ放送用送信機が、同じくラジオ放送局の設立準備をしていた大阪放送局に買い取られてしまうという想定外の事態が発生します。

そこで東京放送局は、当時東京電気研究所にあった既存の送信機を借りきて、ラジオ放送が出来る仕様に改造して試験放送を行おうとしたのですが、逓信省(のちの郵政省、現在の総務省)から「放送設備機器などが未完成のため放送してはならない」と判断されてしまうことに。

今も昔も、許認可権を持つ役所は強いですね。

ここで、東京放送局は、総理の息子を部長にスカウトして、逓信省の官僚に接待しまくって・・・ではなく、「試験放送」という形で逓信省の許可を受け、なんとか3月1日から放送を開始することができました。何が何でも大阪に勝ちたかったのですね。

こうした努力と実績が認められたのか、この3月22日に逓信省から正式に免許を受けて仮放送をはじめることができました。

4か月後の7月12日には、愛宕山の放送局からの本放送にこぎつけています。

なお、大阪放送局は同じ年の6月1日から仮放送を開始しています。



関東大震災を機に高まった、ラジオ放送の必要性の認識

ラジオが世界に初めて登場したのは1900年にさかのぼります。カナダの電気技師レジナルド・フェッセンデンが、約1マイルの距離での音声の送受信に成功しました。

彼はその後もラジオの改良に取り組み、1906年12月24日にはアメリカのペンシルベニア州でクリスマスの挨拶をラジオで放送しました。

これ以降、世界各地でラジオの実験や試験的なラジオ放送が行なわれるようになります。

世界初の公共放送は、アメリカ・ペンシルベニア州ピッツバーグのKDKA局が、1920年11月2日に行なったとされています。この世界最初の放送は、アメリカ大統領選挙の開票結果についてのニュースでした。

こういった時代の流れの中で、日本でもラジオ放送の実験があちこちで行なわれました。

そのさなか、1923(大正12)年に関東大震災が発生しました。

この震災を機に情報伝達の手段、メディアとしてラジオの必要性が強く認識されるようになり、ラジオ放送の開局に向けての準備が急速に進んだと言われています。

日本初のラジオ放送の第一声は「アーアー、聞こえますか」

試験放送が始まったのはこの日の午前9時30分。

東京・芝浦の東京高等工芸学校内に設けた仮設スタジオからの第一声は、「アー、アー、アー、聞こえますか。JOAK、JOAK、こちらは東京放送であります。こんにち、ただいまより放送を開始いたします」でした。

「試験放送」とはいうものの、あまりにも試験的すぎてビックリなのですが、これには理由がありました。

わざと第一声で「アーアー」と声を出すことで、聞いている人がチューニングするための鉱石の針先を、一番感度の良い部分に微調整するための時間をつくったのです。

当時のラジオの性能はというと、現在の東京23区の外に出てしまうと、かなり聞き取りにくくなってしまう程度の性能だったようです。

なお、この「JOAK」ですが、東京放送局のコールサイン(呼出符号)の一つで、無線局が識別できるようにするための符号ののことです。

電波を出す放送局には必ずこの「コールサイン」が振り分けられており、「JOAK」は社団法人・東京放送局(現:NHK東京放送局)に割り当てられた符号です。

関西の人は「JOBK」が、東海地方の人は「JOCK」がおなじみだとおもいますが、この三番目のアルファベット「B」や「C」」が放送局設置の順番です。

ラジオ放送局が、東京、大阪、名古屋の各放送局の順に開局したので、このようにABCと振り分けられました。



世界水の日

世界水の日は、1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された「地球サミット」(環境と開発に関する国連会議)の提案を受けて、同年の国連総会で記念日として制定されました。

英語表記は「World Day for Water」か「World Water Day」です。

水の大切さや貴重さを世界中の人々がともに見つめ直す日ということで、例年3月22日を中心に世界各地で水資源についてのフォーラムやイベントが開催されています。

日本では元々8月1日が「水の日」でした。水の日を初日とする8月1日~7日の一週間が「水の週間」となっており、水資源の貴重さ、水資源開発の重要性などについて考える期間となっています。

このため、日本の「(元祖」水の日」は日本の水の大切さを考える日として。この「世界水の日」は、世界的な観点からもう一度、水の貴重さ、大切さについて世界中の人々と一緒に見つめ直す日という位置づけとなりました。