【歳時記】3月24日 今日は何の日?:マネキンの日、人力車発祥の日、世界結核デーなど

マネキンの日(女性ファッションモデルの登場)

衣服の歴史とともにマネキンがあった・・・なんんてことは無く、近代ファッションとともにマネキンは誕生しました。

マネキンガール登場!生身の人間がマネキンを演じる!?

1928(昭和3)年3月24日、上野公園で催された「大礼記念国産振興東京博覧会」で、高島屋呉服店が日本で初めて「マネキンガール」を登場させました。

「大礼記念」とは、昭和天皇の「即位の大礼」のことで、これを記念したイベントですね。

さて、本題の「マネキンガール」微妙な響きですね。マネキンは人形ではなく人、つまり「マヌカン」です。店頭で各種商品の宣伝や販売を担当するモデルも兼ねた販売員のことでした。

厳密には、人形の方のマネキロウ製で高価だった上に、気候によって変形しやすいンは明治の中ごろからお店で使用されていたようです。

しかし当時のマネキン人形は、ロウ製で高価だったうえに、気候によって変形しやすいという大きな欠点がありました。

そこで、この博覧会で登場したのは、マネキン人形ではなく、本物の人間の女性でした。といっても、商品となる服を実際に着た販売員が接客をするというもので、人間が不動だにせず、マネキンを演じるわけではありません。

このアイデアの評判は上々で、日本でファッションモデルが登場する先駆け的なイベントになったとされています。

マネキンの語源と由来、「招き猫」が関係していた!?

「マネキン」とは、本来「ハウスマヌカン」のことで、服に関するスタイリングやアドバイスを行う女性販売員のことを指します。

このうち「マヌカン」はフランス語では「ファッションモデル」を意味します。

日本でも当初、この販売員に「マヌカン」という言葉を使おうとしたのですが、「マヌカン」では「客を招かない(招かん)」ということで、客を招く「招き猫(招金:まねきん)」にかけて「マネキン」という造語をつくったのでだそうです。

日産のルーツのひとつ「ダットサン」と同じタイプの造語ですね。

【コラム】ダットサンのネーミングの由来の話

エンジニアの田氏、青山氏、竹内氏の三氏の協力でダット号(DAT=三氏の頭文字から)を完成させその後継車をダットの息子でダットソン(DATSON)としたが、ソンは損に通じるので太陽のサンに変え、ダットサン(DATSUN)としたという話



人力車発祥の日

ここ近年、全国の観光地で人気の高い人力車ですが、3月24日は「人力車発祥の日」とされています。

1870(明治3)年のこの日(新暦:1870年4月24日)、、人力車の営業許可が下り、東京・日本橋で人力車の営業が開始されました。

人力車の発明は1868年に3名の日本人(鈴木徳次郎、高山幸助、和泉要助)が考案し、完成させたといわれています。

ただ、それらしきものは世界各地に以前からあったようです。馬車は古代からありましたから、人が車を引くという発想は誰がしてもおかしくはないですよね。

さて、この人力車ですが、登場から多くの注目と人気を集めました

。様々な会社が人力車の営業の参入した結果、わずか2年後の明治4年には、東京都内(東京府下)だけでも4万台以上もの人力車が稼働するほどの普及ぶりでした。

世界結核デー

1882(明治15)年3月24日に、ドイツの医師・細菌学者のロベルト・コッホ博士が結核菌の発見についての演説をしたことにちなんで、世界保健機関(WHO)が記念日に制定ししました。国際デーのひとつです。

先進国などでは結核による死者は激減しているものの、途上国を中心に、未だ猛威を振るう地域もあることから※、結核の撲滅を目指した協力を世界的に呼びかけるための運動が各地で行われています。

注:2014年のWHOの推計値では、世界で新たに結核を発病する人は年間960万人、結核で命を落とす人は150万人と推定されています