【歳時記】3月30日 今日は何の日?:マフィアの日、国立競技場落成記念日

マフィアの日

1282年3月30日、イタリア・シチリア島で「マフィア」という名前の由来とされる「シチリアの晩鐘事件(晩祷事件、ばんとう)」が起こったことにちなんで記念日となりました。

この事件はひとことで言うと、シチリアの島民がフランス人支配に反発して起こした反乱事件(虐殺事件)です。

だからマフィアとは直接の関係はないのですが・・少し背景を見ていきましょう。

フランス領だった当時のシチリア島

イギリスが長靴かブーツとするなら、シチリア島はそのつま先で蹴られそうな三角形の島です。


イタリアの地図、シチリア島の位置

西ローマ帝国の滅亡以来、イタリアには統一国家はなかったのですが、住民はイタリア系。イタリア半島の目と鼻の先ですからね。

しかし、シチリア島は昔から領土争いの絶えない島で、13世紀頃はフランス領になっていました。当時のフランス国王の叔父にあたるシャルル・ダンジューの圧政のもとに苦しんでいました。

住民と支配者が異なる民族でしかも圧政を敷いていたのですから、いつ民衆の不満が爆発してもおかしくない状態だったわけです。

シチリアの晩鐘事件(晩祷事件、ばんとうじけん)

日本では鎌倉時代後期、ちょうど元寇のころです。事件が起こった1282年3月30日は、復活祭翌日の月曜日でした。このため、晩祷、つまり夕方のミサに参列するために、パレルモの街の教会の前には大勢の市民が集まっていました。

そこにフランス兵の一団がやってきて、イタリア系市民の女性に手を出そうとちょっかいを出し、いざこざが起こりました。

もともと、住民は彼らの圧政に不満をいだいていたので、これが激しくエスカレートします。

手を出された女性の夫が妻を守る際に兵士を刺してしまったことをきっかけに(護身用のナイフを持ち歩いていた?)、ほかの市民も一斉に「フランス人に死を!」と叫びながら襲いかかります。

この時、晩祷を告げる晩鐘が鳴ったことから、後に

「シチリアの晩鐘事件(シシリアン・ヴェスパー)」

と呼ばれるようになりました。

暴動はパレルモにとどまらず、瞬く間に島全体に広がり、フランス人は見つかり次第殺される事態に。
圧政を敷いていた、シャルル・ダンジュー一族はシチリア島から追放されました。

マフィアの語源は一斉蜂起のスローガンから

風光明媚なシチリア島
風光明媚なシチリア島ですが・・・

諸説ありますが、この一斉蜂起の時の合い言葉が、先ほどの、「全てのフランス人に死を、これはイタリアの叫びだ」でした。イタリア語では「Morte alla Francia Italia anela」。

この合言葉の各単語の頭文字を並べると「MAFIA」となることから、これが「マフィア(Mafia)」の語源になったと言われています。

この時代のシチリア島にマフィア的な人がいたのかは定かではありません。とはいえ、どんな時代でも裏社会の人はいますからね。

そして後に、シチリア島を拠点とした裏社会のグループ、今で言うところの「反社」が生まれた際に、ヨーロッパの人はこのヤバい事件を起こした人々が、何かしでかすかもと連想したのかもしれません。

そしていつの間にか「マフィア」という言葉が定着したのでしょう。

今でもシチリア島にマフィアがいるのか?

ずいぶん前の話ですが、NHKのラジオでゲストとして呼ばれたアコーディオン奏者のcobaさんの話が強烈でした。

cobaさんがシチリア島に行ったときのタクシーの運転手さんとの会話です。

coba「いやー、シチリア島ってマフィアで有名だけど、今でも幅をきかせているんですかね?」

運転手「ここではマフィアの話をしない方がいいよ」

coba「え?それはなぜですか?」

運転手「キミはオレがマフィアの人間じゃないってどうやって見分けるんだい?」

・・と笑顔で返事を返されながらも目がマジだったので、背筋が凍ったという話です。

(記憶が多少あいまいなので違っていたらごめんなさい)

21世紀の今でもシチリア島でマフィアの話をすると、身の安全は保障されないようです。つまり・・・



国立競技場落成記念日(国立霞ヶ丘陸上競技場のほう)

国立競技場落成記念日(国立霞ヶ丘陸上競技場)

新しい国立競技場は、ザハ・ハディード案の予算超過問題やらで右往左往したあげく、無事完成しました。

ところが、今度は新型コロナウィルスの影響で、観客を入れるのか否か、いやそれ以前に、オリンピックを開催すべきか否かを決断する段階にきています。

とことん冴えない話が続く新競技場ではありますが、今回取り上げる、既に解体されてしまったこの旧国立競技場は1958年3月30日に完成し、56年にわたって人々に親しまれてきました。

私は一度も旧国立競技場に行くことも見ることもできませんでした。解体されるというニュースが出た時に、一度見ておけば良かったと今になって思うのですが、後悔はいつも後からやってくるのですね。

オリンピックのメインスタンドから高校サッカーの聖地へ

旧国立競技場で行われた1964年東京オリンピックの開会式、日本選手団の入場行進

正式名称は「国立霞ヶ丘陸上競技場」。カッコいいじゃないですか。

1964年に行われた東京オリンピックのメインスタンドとして使用され、1976年度からは全国高等学校サッカー選手権大会もここで開催され「高校サッカーの聖地」としても有名になりました。

音楽イベントも行われた旧国立競技場

旧国立競技場は、近隣住民への騒音の配慮と、天然芝の保護の両面から、音楽イベントやコンサートの開催には極めて消極的でした。

騒音は、あのエリアって住民がそれほどいるのかという疑問と、神宮外苑花火大会や神宮球場の鳴り物は気にならないのかという疑問がありますが、とはいえ配慮は必要でしょう。

何よりも天然芝の保護が一番のネックだったのだろうと思います。阪神甲子園球場や東京スタジアムでもコンサートは行われていますが、極めて限られているのは、同様の理由だと思います。

毎日あれほど丁寧に手入れをしたのに、アリーナ席として使用され、人々に踏み荒らされてボロボロになっては、やりきれないでしょう。

さて、そんな旧国立競技場ではじめてコンサートが行われたのは1985年。

吉田拓郎、松任谷由実、佐野元春、チェッカーズなどのアーティストが集結した「ALL TOGETHER NOW by LION」という大規模野外イベントでした。

「サディスティック・ユーミン・バンド」というバンドがが一夜限りで結成されました。

メンバーは、松任谷由実、坂本龍一、加藤和彦、高中正義、高橋幸宏、後藤次利という、今では考えられない幻の豪華メンバーです。「タイムマシンにおねがい」という曲が残っています。

1996年には「3大テノール日本公演」が行われています。世界10都市ワールドツアーの初公演として開催されました。

世界3大テナーである、ルチアーノ・パヴァロッティー、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラスの人気オペラ歌手が共演しました。



旧国立競技場で単独ライブを行ったのはわずか6組

国立競技場で単独公演を行われるようになったのは2000年以降のことです。上記の芝生と騒音の観点から交渉や審査がとても厳しかったようです。

初の単独コンサートは2005年に行われたSMAP。3年越しの交渉だったようです。

国立でのコンサートはSMAPの悲願だった。騒音問題などもあり、同所でのコンサートが許可されるのはまれ。競技場側と3年越しで交渉し、ようやく実現にこぎつけた。5大ドームなど全国の大規模会場で無事故でコンサートを行ってきた実績が評価された。

出典:スポニチ「SMAP 史上初の国立競技場単独ライブ」 2005/06/03付(記事は消去されています)

それ以降、

DREAMS COME TRUE

L’Arc~en~Ciel
ももいろクローバーZ
AKB48

がコンサートを行いました。合わせてわずか6組。見に行かれた方は実に貴重な体験だっとと思います。

なかには幻となったコンサートもありました。

2014年5月17日と18日に、ポール・マッカートニーが旧国立競技場での最後の単独公演を飾るはずでした。しかし、ポールの体調不良のため両日とも公演が中止になってしまいまいた。

日本武道館など他の会場も含めてすべて公演がキャンセルになってしまったので、再度、翌年に日本でのツアーを実現させてくれましたが、国立競技場はすでに解体がはじまり、会場は東京ドームとなりました。

新国立競技場は、コロナウイルスが収束して、世の中が落ち着いてからその歴史を刻んでゆけば良いと思います。たとえ出だしがマイナスからのスタートであっても。