【韓国経済】11月も記録を更新した家計向け貸付残高

要点は
韓国、11月の家計向け貸付18兆ウォン以上増えて過去最高
中央日報日本語版2020.12.10 08:32
11月30日施行の新たな信用貸付規制が、駆け込みの借り入れを促した
10月と比較すると住宅貸付の月間増加幅は縮小した

あれ、住宅貸付(チョンセという賃貸住宅の保証金に充てる)の増加幅が縮小しているのに、カネを借りまくっているとは、一体どこに使っているのでしょうね。「とりあえず」ということにして借りておいて株にでも全力投入でしょうか。
確かに、韓国の株式市場ホットマネーが流入しているようで盛況なようですが、その一部が借金で支えられているとなると、極めて脆く、目も当てられない状況がやってきます。でも止められないと。
その点、先週のプライムニュースで鈴置氏の「韓国人は世界一のギャンブル好き」発言が裏付けていますね。
私は韓国経済が色々難題にぶつかりながらも、実は内需が好調であるとみています。その実力と比較して。ネットやテレビでは韓国は内需が弱い国扱いされていますが、少し異なるかと。
それは、株高土地高に支えられた砂上の楼閣であることがいつ露呈するのか、のんびり見守っています。

記事リンク

韓国、11月の家計向け貸付18兆ウォン以上増えて過去最高
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.12.10 08:32