東京から! 人気のスキー場 を5つピックアップ

新型コロナウイルスのせいでクリスマス会も忘年会もお流れ。パッとしない年末年始ですが、だからこそ、スキー・スノボでストレスを発散させましょう。
基本的にはアウトドアですが、更衣室、カフェテリア・レストラン、レンタル店、お土産屋さんなど屋内に行かざるを得ない時もあります。マスク、手洗いなど訪れる私たちの側も感染対策をしっかりとして楽しみましょう。

今回は数多くあるスキー場の中から、人気があるスキー場5つをピックアップしてみました。それぞれのスキー場が人気な理由と魅力をご紹介しますので、今シーズンこれから行い先を検討されるみなさん、ぜひ参考にしてみてくださいね!

志賀高原スキー場(長野県)

複数のエリアを多彩な顔を持つスキー場
「志賀高原スキー場」は、長野県志賀高原エリアにある全18か所のスキー場の総称です。「奥志賀・焼額山エリア」「一の瀬・高天ヶ原・東館山・西館山・発哺ブナ平・タンネの森・寺子屋エリア」「ジャイアント・丸池・サンバレー・木戸池エリア」「熊の湯・横手山・渋峠エリア」の全4エリアに分かれ、エリアごとに大小さまざまなスキー場から成る日本最大級規模のスキーエリアです。

【人気の理由】

  • 標高が高く、恵まれた地理や気候条件により、良質なパウダー雪質
  • 標高1,304m~2,307mに広がる大小のスキー場(全18か所)、1日では滑り切れない広さ
  • 各スキー場が、全52基のリフト・ゴンドラ、そしてシャトルバスで機能的に連結
  • 全共通のリフトパス(キーカード)とシャトルバスで、各スキー場の行き来が自由
  • 多彩なゲレンデを持っているから、あらゆるレベル・ニーズを満たします!初心者~上級者まで楽しめます
  • 11月下旬~ゴールデンウイークごろまでのロングシーズン

公式サイト

蔵王温泉スキー場 (山形県)

世界的にも有名なモコモコの樹氷が見られます。単独のスキー場としては日本最大規模を誇ります。温泉街がベースなので温泉とスキー・スノボ両方楽しめます。

【人気の理由】

  • 白銀の樹氷の美しさ。しかも眺めるだけでなく、間近で滑れる独特の雰囲気。夜は幻想的な樹氷ライトアップもあります。
  • 単独のスキー場面積としては日本最大!で、14ゲレンデ・12コース・36基のロープウェイやケーブル・リフト。だから、あらゆるレベル・ニーズを満たします!初心者~上級者まで楽しめます
  • 頂上から麓まで、最長滑走距離10,000m!
  • 蔵王連峰を見渡せる、絶景!眺望!
  • 抜群の雪質。パウダースノー多し!ただし、雪が多すぎる時も。
  • 豊富な降雪量で、安定のゲレンデコンディション
  • 日本屈指の古湯「蔵王温泉」。温泉で疲れをいやしてリフレッシュ!

公式サイト

苗場スキー場(新潟県)

群馬新潟県境に位置する「苗場スキー場」。ユーミンのコンサートや、TBSのお天気カメラでスキー・スノボをやらない人にも有名です。スキー場の実力としても国内トップクラス!

【人気の理由】

  • 総面積約135haの広大なゲレンデ内に、多彩な22コース・4つのキッズパーク・3つのゴンドラを設置。強大な輸送力!
  • 子どもから大人までが楽しめるスノーアクティビティが充実!
  • 中斜面主体で、中級者・上級者を満足させる実は硬派なゲレンデ。
  • 冬の風物詩 ゲレンデ打ち上げ花火
  • ゲレンデの目の前!「苗場プリンスホテル」で、宿泊客も楽々アクセス!
  • ドラゴンドラで田代、かぐらみつまたスキー場まで楽しめますよ!
  • 東京駅から上越新幹線+シャトルバスで簡単アクセス

公式サイト

野沢温泉スキー場 (長野県)

長野県北部にある「野沢温泉スキー場」は、ゲレンデ・コースの総面積297haと日本最大級、麓はお湯めぐりで温泉も楽しめるスキー場です。

【人気の理由】

  • 日本最大級のビッグエリアに、全36コース、スノーパークもあります。
  • 各レベルに応じた多彩なコース。意外にも約40%が初心者向けコースです。だから、ビギナーやファミリーでも安心、みんな満足!
  • 頂上から麓まで、最長滑走距離10,000m!
  • 豊富な降雪量。ゲレンデ下部はややべたつきますが、上部のやまびこゲレンデの雪質は最高!いつもフワフワ!
  • 「日本スキー博物館」に立ち寄れば、スキーの歴史を学べます。世界各地から収集した豊富な資料。
  • やっぱり温泉!野沢温泉スパリーナや、天然温泉100%かけ流しの共同浴場13カ所の温泉巡りができます。
  • 毎年、ゴールデンウィークまでの長い営業期間
  • 東京駅から、北陸新幹線・連絡バスにて、最短2時間でアクセスできます。

公式サイト

白馬八方尾根スキー場(長野県)

長野県北西部、白馬エリアにある「白馬八方尾根スキー場」。1998年長野冬季オリンピック会場にもなり、近年では海外からもお客さんが大勢。「毎年、八方尾根で楽しんでますよ」といえば、オージーにもカナディアンにも一目置かれる?

【人気の理由】

  • 3,000m級山々が連なる北アルプスを眺めながら滑る快感。うさぎ平からの景色は絶景ですよ。ため息がでちゃうくらい。
  • 標高差1,071mを中斜度のコースだけで、一気に滑り降りる爽快感
  • ゲレンデ上部のパウダースノー
  • うさぎ平や黒菱などチャレンジなコースがいっぱい。ムキになると一本のコースだけで1日過ごせてしまいます。
  • 全13コース、リフト全23基で、多彩なコース設計!スキーヤーもスノーボーダーも楽しめる。
  • 車でのアクセスの場合、急斜面、急カーブがほとんどないので他の大規模なスキー場とくらべてアクセスしやすい

公式サイト

 人気のスキー場5選、いかがだったでしょうか。どこも2,3泊してじっくり楽しみたいところばかり挙げてみました。1月上旬までGOTOキャンペーンは中断となってしまいましたが、だからこそ狙い目かもしれません。

 でもやはりコロナが無くなって心の底から楽しみたいですよね。そんな日が一日も早く訪れることを願っています。