英語学習の初心者にとって最も厄介なリスニング。学習者目線で英語リスニングとは何か考える


これは、英語学習を始めようと思っている方、英語学習を始めたばかりだけど、全く聴き取れなくてやる気が無くしそうだという方に読んでもらいたいお話です。

英語を話すようになるための基本要素であるリスニング

「英語が話せるようになりたい」というフレーズ、よく耳にします。その会話をするために、まず前提となるのはリスニング能力です。どれだけ英単語を知っていても、文法をマスターしていたとしても、相手の話が聴き取れなければ会話はできません。

そういえば、むかし某大手英会話スクールのコマーシャルのフレーズに「♪いっぱい聞けて、いっぱいしゃべれ~る♪」とあったのを思い出しました。半分は本質を突いています。英語を聞く機会は多いにこしたことはありません。

しかし、重要な問題は果たして本当に聴き取れるようになるのかかということです。

基本要素といいつつ学校教育では軽んじられてきたリスニング

また、TOEIC、TOEFL、英検など、あらゆる資格試験につきものなのがリスニングです。このように「話す英語の前提条件で」しかも試験でも重視されているにも関わらず、残念ながら学校英語ではしっかりとリスニングを鍛えよういうカリキュラムにはなっていません。(時間数など考えると止むを得ない部分はありますが)。

このため、初心者の方でも文法やリーディングは中学英語を思い出すこと、復習から始めればすぐに身に着いていくのことが多いのですが、リスニングになるとどうもお手上げになってしまうようです。

向上が目に見えて遅い!これが英語のリスニング能力というもの

特に初心者の頃は何度同じフレーズを聞いても聞き取ることが出来ず、リスニング力がなかなか向上しません。また向上した実感がすぐにはわかないのもリスニング力の特徴です。単語や文法でしたら、学習したところまで、復習やミニテストでその定着具合が確認できれば、確実にその部分は身に着いた、向上したということが実感できます。

リスニングは・・・教本を1冊学習しても、うーむ。費用対効果、この場合の費用は学習時間になりますが、悪いです。ですから、初心者の方はお手持ちの教材のプログラムに沿ってリスニングも少しずつ鍛えていくという形で十分だと思います。その際により効率的に学習するコツがあるのですが、ここでは長くなりすぎますので別のトピックでお話します。

ここで、お伝えしたいことはリスニングの能力は相当ゆっくりと向上します。焦らないことと、初心者の段階で無理をしないことです。今は全然英語を聴き取れなくても、あなたの英語は確実に伸びますので、それを理由にモチベーション下げないでください。次の項目を読めば気が楽になりますよ。


英語リスニング、目標は低く!

目標が設定されていないとやる気が出ませんし、やみくもに学習しても無駄が生じます。効率的な学習を進めるためには目標が必要です、などといつも言っている私ですが・・・。

では英語リスニング学習の目標は?ネイティブのように100%聞き漏らさない完ぺきなリスニングが出来ることでしょうか。

その時学習している教材の音声が聞き取れるようになること

英語学習者のレベルに応じて目標も様々なので一律に線を引くことができません。そこで、私は「その時学習している教材の音声が聞き取れるようになること」だと思っています。例えば、ラジオ英会話プログラムでしたら、いま学習しているところを聞いて、その内容がしっかりと頭に入るようになっていれば十分です。

字幕なしに映画を見る、ニュースを聞くというのは夢の話。ひとまず脇に置きましょう

私も英語学習の結構な時間と労力を費やしてきましたが、聴き取れない英語は山ほどあります。ニュース?得意の経済ネタなら大丈夫ですが、話題によってはさっぱりです。ドラマ?字幕が無いとキツイです。

文法や単語そしてリーディングは勉強した時間の分だけ成長しますし、極論を言うと独学でもネイティブ並みになれると思います。しかし、リスニングは無理。英語が公用語の場所で数年間生活するぐらいではないと難しいとおもいます。ですから、リスニングを極めようと思うのは目標が高すぎて、まず挫折します。

こんな安易な低い目標で、英語が話せるようになるのか?

成れます。といっても程度問題ですが、このように考えてみてはいかがでしょう。

話すこと自体は、学習して身に付けた単語や文法を駆使すれば出来るようになります。もちろん、話すことに慣れるためにトレーニングが必要ですが。

では「会話」となるとどうでしょう。あなたが話したことについて、相手の方から反応や返事、さらに質問が返ってきます。

そこでリスニング力となる訳ですが、「もし聴き取れなければ、聞き返せばいいや」くらいの気持ちで臨んだ方が、実際の会話では上手くいきます。

聞き返せばいいのです。もちろん聞き返しまくるとウンザリされるので、通用するのは初心者から中級者(定義もあいまいで幅が広いですが)まで、ですけどね。

とにかく、実際の会話では相手に聞き返せます。そう思えばリスニングに身構えなくてもいいでしょう。

あとがき

メールなどを見ていると私よりはるかに英語ができる人が知り合いでいるのですが、話すとなるとからっきしダメ・・・だと思っていたら、懇親会でアルコールが入ると、まあ良く話すこと話すこと。

アルコールが入ると、気が大きくなって相手の言っていることも分かった気になるし、堂々と話せるのだそうです。横で聞いていても会話が成り立っているので、リラックスすることで本来の能力がフルに発揮できているのでしょう。英会話ってこんなものかと思えば気が楽になりませんか。

私はアルコールがダメなので、この裏技は使えないのが残念です。


「レアジョブ英会話」のウェブサイトはこちら