【歳時記】2月12日、今日は何の日?:レトルトカレーの日、ペニシリン記念日、ブラジャーの日など

2月12日は日本では古来からのしきたり、暦などによって制定された記念日や、公的な機関が定めた記念日はありませんが、レトルトカレーの日はそれに匹敵するものだと思っています。何といっても、日本が生み出した世界初の商品で、カレーのみならず世界の食卓を変えた(調理の負担が減った)という点では画期的です。

レトルトカレーの日

1968年2月12日、世界初の市販レトルト食品である「ボンカレー」が大塚食品より発売されました。この日を記念して同社が制定したものです。

「ボンカレー」の名前の由来

ボンカレーという商品名の由来はフランス語の形容詞 “bon” からきていて、「良い(優れた)、おいしい」という意味です。

「ボナペティート」「ボナピタイト」ってフランス料理、イタリア料理店で外国人店員さんから声をかけられたことがある人もいるかもしれません。店名でも見かけますね。これは、「食事を楽しんで」「美味しく召し上がれ」という意味です。フランス語の綴りは「Bon appétit」ですが、この「Bon」がボンカレーの「ボン」と同じとは驚きです。

レトルト料理にカレーを選んだのがスゴいと思う

それにしても、カレー。まあ、日本のものはアレンジされまくっているので、「日本の料理」のひとつになっていますが、レトルトに選んだのがカレーだから良かったのかも。

これが、「レトルト肉じゃが」とか「レトルトきんぴらごぼう」だったりしたら、当時の守旧派(舅?姑?)などから袋叩きに合って、レトルトそのものが普及しなかったかもしれない。そう考えると感慨深いのです。

科学的な理由からカレーがレトルトに最適だった。

レトルト臭というモノがあるようです。私は鈍感なのか幼いころから気にしていませんでしたが。これは、レトルト加熱時に食材から発生する「ムレ臭」のような不快臭で、主な原因の一つが硫黄化合物由来のにおい(硫黄臭)で、製造工程上、避けることが中々難しいようです。これがカレーだと、スパイスの香りの方が勝り、レトルト臭はごまかせるとか。

もちろん、各企業も研究開発を重ねているので、以前より良くなっているようです。

「レトルトカレーが超絶うまくなった」は本当か 東洋経済ONLINE

レトルトパウチ食品。アメリカ陸軍によって開発された。

レトルトパウチ食品はアメリカ陸軍の補給部隊研究開発局により開発されました。缶詰の重さや、空缶処理の問題を改善するのが狙いで、缶詰にかわる軍用携帯食としたかったのです。

一方で、市販の商品としては、米国では第二次世界大戦後すぐの段階で、一般家庭に冷凍冷蔵庫が普及しており、各種の冷凍食品が発売されていたことから、当初はまったく普及しませんでした。

加えて、パッケージの貼り合わせに接着剤を用いていたために、食品医薬品局(FDA)からの認可が下りなかったのも原因の一つです。加熱するとトルエン系の成分が出てくるリスクがあったとか。もちろん、現在は別の接着剤や接着方法により解決されています。

発売当初の賞味期限は冬が3ヶ月、夏が2ヶ月

初期のボンカレーは、高密度ポリエチレン・ポリエステルの2層構造の透明フィルムをレトルトパウチに使用していたため、光や酸素の透過によって、中身の劣化が速かったようです。そのため、賞味期限は冬場3ヶ月、夏場2ヶ月で設定されました。

1969年に遮光性、ガスバリアー性の高いアルミ箔を用いた、高密度ポリエチレン・アルミ箔・ポリエステルの3層構造のパウチに切り替わり、賞味期限は一気に2年に延びました。現在と変わりませんね。


ブラジャーの日

1913(大正2)年2月12日、メアリー・フェルプス・ジェイコブ氏が、ハンカチをリボン型に結んだ製品を考案。これが、ブラジャーの原型の原型とされています。

誕生からまだ約100年あまり。意外と新しいアイテムですね。それまでどうしていたのだろう?と思ったら、ああ、西洋には「コルセット」がありましたね。日本だと「さらし」でしょうか。

記念日はワコールが制定しました。「ブラジャー検定」なんてイベントもしていたようですが、やり過ぎだと思うぞw 私が嫁さんに「検定」じゃなくて「測定」か「評論」をして差し上げましょうかと提案したところ、張り倒されました。

ワコール、「ブラ検定」を実施( 株式会社ニューズフロント)

ペニシリン記念日

1941(昭和16)年2月12日、イギリス・オックスフォード大学附属病院が世界で初めてペニシリンの臨床実験に成功したことにちなんで制定された記念日です。

ペニシリンは、1928(昭和3)年にイギリスの細菌学者アレクサンダー・フレミング博士によって発見された世界初の抗生物質です。フレミング博士は1945年にノーベル生理学・医学賞を受賞しています。

「失敗は成功の母」の見本のような発見

ペニシリンは青カビから作られたという話は有名ですが、発見は実験の失敗がきっかけです。

フレミング博士が研究していたのは、ブドウ球菌。実験に使うために培養していたのですが、細菌が繁殖している培養器の中にアオカビが発生してしまい、実験に使えなくなります。

もちろん廃棄処分ですが、よくよく見るとアオカビの周囲だけに細菌が繁殖していないことに気づきます。これを顕微鏡で調べてみたところ,このアオカビが分泌する液体が細菌を溶かしているということが解明されました。これが他の有害な細菌にも効果を発揮したうえに、副作用もありませんでした。

世紀の大発見ながら大量生産ができずお蔵入り

発見から臨床実験の成功まで13年の年月がかかっています。これは、ペニシリンをアオカビから抽出することは難しいこと、また医療の現場での利用も芳しくなかったからのようです。そしてそのまま、一旦はお蔵入りに。

それから10年以上も後になって、抗生物質を研究していたオックスフォード大学の教授二人が、フレミング博士の論文を見つけます。これは実用化できるのではと、アオカビの分泌液からペニシリンを抽出する方法と大量生産する方法を研究しました。

その結果、純粋なペニシリンを抽出することに成功しました。動物実験でも大成功。その後、多くの人の命を救ったのは、みなさんもご存じかと思います。

原理や法則を見つけることも、実用化の技術も、等しく重要であることが良く分かる事例です。


2月12日の語呂合わせが由来の記念日:黄ニラ記念日

「ニ(2)ッコリいい(1)ニ(2)ラ」の語呂合わせにちなんで、岡山県の特産品のひとつ「黄ニラ」の記念日だそうです。無理があり過ぎw 例年2月は黄ニラの最盛期を迎えるそうです。

「黄ニラ」って別の品種だと思ったら、太陽光の当て方の加減で作っているのですね。モヤシとおなじだ。しかも500gあたり5000円もする超高級品だそうな!

この時期、水仙が花盛りですが、葉っぱが似ているからといって、絶対に食べてはいけません。確実に食中毒になって、最悪、死にます。こわw

その他の2月12日の記念日

植村直己氏がマッキンリー冬季単独登頂に成功

1984(昭和59)年2月12日、日本人冒険家・植村直己氏が、アメリカ・アラスカ州にあるマッキンリー(現名称:デナリ山、標高6,190m)の冬季単独登頂に人類初成功しました。この日は植村直己氏自身の43歳の誕生日でもありました。しかし、悲しいことに下山中に行方不明となり、現在も発見されていません。

ちなみに、植村直己氏は「世界初の五大陸最高峰登頂者」というすごいタイトルホルダーです。

2月12日の誕生花と誕生石

2月12日誕生花:「レンギョウ」「マンサク」「ヤドリギ」

レンギョウの花言葉の「期待」「希望」は、この花が春に鮮やかな黄色い小花を枝いっぱいに咲かせることから、春の訪れを例えたものになったといわれます。

2月12日の誕生石:「イエロー・スピネル」「アメジスト」

イエロー・スピネルは、パワーストーンの中でも免疫力を高めてくれる効果が期待できると言われています。

2月12日生まれの有名人・芸能人(敬称略)

植村直己 冒険家 1941年2月12日~1984年2月13日頃
ひぐち君 お笑いタレント 1974年2月12日
榮倉奈々 ファッションモデル 1988年2月12日
川栄李奈  女優 1995年2月12日
エイブラハム・リンカーン 第16代大統領(米国) 1809年2月12日~1865年4月15日
チャールズ・ダーウィン 自然科学者(英国) 1809年2月12日~1882年4月19日