【歳時記】3月3日 今日は何の日?:雛祭り・上巳・桃の節句、耳の日など


3月3日と言えば、やはりひな祭りですよね。

雛祭り・上巳・桃の節句

ひな祭りとは

当たり前すぎる内容ですが、ひな祭りを完結に言葉にまとめると、

雛祭り(ひなまつり)は女子のすこやかな成長を祈る節句の年中行事。ひいなあそびともいいます。ひな人形(「男雛」と「女雛」を中心とする人形)を飾り、桃の花を飾って、白酒や寿司などの飲食を楽しむ節句祭り。雛あられや菱餅を供えます。

ということです。女の子の健やかな成長を祈るために行う行事ですね。ひな人形は女の子に降りかかる厄を身代わりに受けてくれるとされているそうです。

私はこの時期に飲める甘酒が子どもの頃から大好きでした。今は年中手に入るので有難みが減ってしましました。

ひな祭り、江戸時代は旧暦の桃の節句に行われていた

雛祭りは江戸時代までは旧暦の上巳、桃の節句である3月3日(現在の4月頃)に行われていました。明治の改暦以後はグレゴリオ暦(新暦)の3月3日に行なうことが一般的になりました。

東北・北陸など一部の地域では、旧暦3月3日または新暦4月3日に祝う文化が残っています。うちは4月だったよ!という人もいらっしゃるでしょう。

桃の花は本当に3月3日頃に見ごろを迎えるのか

桃の花の本来の開花時期は本州の太平洋側で3月中旬以降です。あまり桜と変わらないと言った方がイメージしやすいでしょうか。そういう点では旧暦の方が「桃の節句」という名前に相応しかったのかもしれません。

ひな祭りの前、2月下旬ごろからは、綺麗に開花している桃の木が店頭にならんでいますが、これは生産者が暖かい空間で管理して開花を早め、つぼみが色づいてきた段階で花市場に出荷されているからです。

東北・北陸などでひな祭りが旧暦のままなのは、そもそも3月頭は雪深い地域も多いですし、桃の開花時期との開きがあまりに大きく、お祝いやお祭りの雰囲気には早すぎかったからかもしれませんね。


「桃」といえば、「桃栗三年柿八年」のことわざが真っ先に思いつきました。

元々は男女の区別なく行われていたひな祭り

はめは宮中や貴族の間で行われていたひな祭りですが、やがて武家社会でも行われるようになりました。

元々は、5月5日の「端午の節句」とともに男女の区別なく行われていましたが、武家社会に広まるようになった江戸時代ごろから、豪華な雛人形は女の子に属するものとさました。

端午の節句は菖蒲(しょうぶ)の節句とも言われることから、尚武(しょうぶ:武道・武勇を重んじること)にかけて男の子の節句とされるようになりました。

また、庶民の間でも、江戸時代には女の子の「人形遊び」と「節句の儀式」が結び付けられ、女の子の節句として定着するようになりました。



耳の日とそれに関連した記念日

「み(3)み(3)」の語呂合わせと、「3」が耳の形に似ていることにちなんで、日本耳鼻咽喉科学会が3月3日に記念日にしました。

奇遇にも電話の発明者アレクサンダー・グラハム・ベル(1847~1922年)の誕生日でもあります。

民放ラジオの日

3月3日が「耳の日」で、ラジオは耳で聴くことから、日本民間放送連盟ラジオ委員会が記念日としました。

オーディオブックの日

オーディオブックは耳で聴くことから、3月3日の「耳の日」と同日を記念日としたようです。

耳かきの日

これも「耳の日」なことにちなんで、耳かき具メーカーのレーベン販売が記念日にしました。

世界野生生物の日(国際デー、記念日)

2013年12月の国連総会で制定された国際デーの一つです。英語表記は「World Wildlife Day」。

この記念日は、「ワシントン条約」と呼ばれる「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」が1973年3月3日に採択されたことを記念したものです。経済的・文化的に重要な野生動植物の保護の取組の強化が目的です。

また、地球上に生息する、あらゆる野生生物に対する保護や生物の多様性について考える日でもあります。

その他の3月3日の記念日

その他の3月3日の記念日として、

三の日、平和の日、桃の日、結納の日、金魚の日、ジグソーパズルの日、三十三観音の日、ポリンキーの日、女のゼネストの日、サルサの日、美熊くん誕生日、3×3の日、春のちらし寿司の日、ささみの日、三輪車の日、みよた壱満開の日、mimi no hi(ミミの日)、クレーンゲームの日、くるみパンの日、みたらしだんごの日、ビースリーの日

などがあります。

3月3日の誕生花と誕生石

3月3日の誕生花:「モモ」「レンゲソウ」

桃の節句だけに、桃が誕生花でした。モモの花言葉には「私はあなたのとりこ」「天下無敵」などがあります。

「私はあなたのとりこ」の花言葉は、モモが古代から女性の性のシンボルとされたことに由来するといわれています。

また、「天下無敵」の花言葉は、モモは邪気を払い、不老不死の霊薬と信じられてきたことにちなむともいわれます。

3月3日の誕生石:「シトリン」「アクアマリン」

黄金色の果実にちなんだ名前が付けられたシトリンには、チャンスをつかむ効果があると言われています。

3月3日生まれの有名人・芸能人(敬称略)

徳光和夫 アナウンサー 1941年3月3日
ジーコ サッカー選手、指導者(ブラジル代表)1953年3月3日
栗田貫一 声優、タレント 1958年3月3日
川島海荷 女優 1994年3月3日
アレクサンダー・グラハム・ベル 電話機発明者 1847年3月3日~1922年8月2日