【歳時記】3月6日 今日は何の日?:世界一周記念日、スポーツ新聞の日など

世界一周記念日

世界一周を記念したのだからマゼランの世界一周かと思ったら・・・日本の話でした。

1967(昭和42)年3月6日、日本航空の「世界一周西回り路線」が営業を開始したことに由来した記念日です。

記念日にするほどのことか?と思った人は、正直な人だと思います。私も含めて(!)

実は、第二次世界大戦後に結ばれた「日米航空協定」によって、それまで日本の航空会社は世界一周航路を持てませんでした。また、この日本航空の世界一周航路は、アジアの航空会社としても初の世界一周路線でした。

そういう点では戦後復興から高度経済成長を経て日本の経済力が世界でも屈指のレベルに高まってきた象徴でもあったのです。

世界一周。夢がある話ですが、どの航空会社も撤退済

コロナの影響ではありません。

一つの航空会社が一つの航空機を使って世界の主要都市を巡っていくという需要が無くなったからです。

この日本航空の世界一周の路線も5年後に廃止されています。

どこかの空港に拠点を構えて放射状に路線網を貼った方が効率的ですからね。

もちろんそれが出来るためには、長距離をノンストップで飛べる飛行機の登場を待たなくてはなりません。そう、ボーイング747型機(ジャンボジェット)です。

1970年1月にパンアメリカン航空(パンナム航空)が初就航させ、日本航空も翌71年に初号機を就航させています。

当時の世界情勢をしみじみと感じる寄港地

東京→香港→バンコク→ニューデリー→テヘラン→カイロ→ローマ→フランクフルトorパリ→ロンドン→ニューヨーク→サンフランシスコ→ホノルル→東京

シンガポールやドバイが含まれていないので、今の感覚ではどこか抜けているような感じがしますね。両国が地域の拠点として急発展したのは2000年以降です。

テヘランにも寄っていたあたりも渋い。当時はイラン革命前で親米国でした。

こうやって書いていると、つくづくコロナが憎いですね。もう少しの我慢でしょうか。

今でも世界一周航空券はあります、実は超お得な夢のチケット。(ただしコロナが終われば)

海外旅行好きには良く知られています。時間とお金さえあれば(特に前者)一度は使ってみたい「世界一周航空券」。

これは、ワンワールド、スターアライアンス、スカイチームなどの航空連合がそれぞれ提供している、大陸数や飛行距離、搭乗回数の制限内で乗り降りが自由になる周遊航空券のことをいいます。

一筆書きのように巡ることが条件で、乗る人それぞれが自由に寄港地を設定来ます。

しかも、ビジネスクラスやファーストクラスは、ヨーロッパやアメリカと日本を単純往復するのと変わらない値段なので、超お得だったりします。

書いていて悲しくなってきた。コロナウイルスよ、消えてくれ!



スポーツ新聞の日 

1946(昭和21)年3月6日、日刊スポーツ新聞社が日本初のスポーツ新聞「日刊スポーツ」が東京で創刊されたことにちなんで制定された記念日です。

価格は1部50銭。発行部数は1万5,000部。4ページの紙面でした。

新聞の内容自体が、政府の統制を受ける中での発刊でしたが、あっという間に完売しました。終戦後の厳しい現実の中、スポーツや芸能の明るさや感動は、庶民にとって心の癒しとなったのですね。

その他の3月6日の記念日

その他の3月6日の記念日として、

弟の日、スリムの日、サロネーゼの日、リニモの日、エステティックサロンの日、世界リンパ浮腫の日、ミールタイムの日、サンロッカーズの日、Miru(見る)の日、36(サブロク)の日、スマートストックの日、手巻きロールケーキの日、メロンの日

などがあります。

3月6日の誕生花と誕生石

3月6日の誕生花:「デイジー」「オウバイ」「ツクシ」

デイジーの花言葉には「純潔」「美人」「希望」などがあります。

デイジーの学名の「Bellis(ベリス)」は、ラテン語の「bellus(美しい)」が語源で、花言葉の「美人」もそれに由来しています。

「希望」の花言葉は、光がさすと花を開く性質にちなむといわれます。

ちょうど早春のこの時期から、花壇やお庭を彩りますね。

3月6日の誕生石:「コハク」「ラピスラズリ」

コハク(琥珀)は木の樹脂が固まって化石化したものです。きれいな金色や黄色の色彩が特徴です。

3月6日生まれの有名人・芸能人(敬称略)

ミケランジェロ ルネサンス期の画家、彫刻家 1475年3月6日~1564年2月18日
高橋真梨子 歌手 1949年3月6日
ベッキー タレント 1984年3月6日
筧美和子 ファッションモデル・女優 1994年3月6日
あいみょん シンガーソングライター 1995年3月6日
サニブラウン・アブデル・ハキーム 陸上競技選手 1999年3月6日