【歳時記】3月9日 今日は何の日?:記念切手記念日、バービー人形の誕生日、関門国道トンネル開通記念日 など

記念切手記念日

「記念」という字が二つも入って、駄洒落のようですが、日本初の記念切手が発行されたことにちなんで制定された記念日です。

日本初の記念切手は明治天皇・皇后両陛下の銀婚式を記念して

1894(明治27)年3月9日に発行されたこの記念切手は、明治天皇・皇后両陛下のご成婚25周年を記念したもので、デザインは「菊の紋章」と「雌雄の鶴2羽」を描かれたデザイン採用されました。

当時の感覚では天皇陛下の肖像画なんて畏れ多いって時代だったのでこういうデザインなのでしょうね。そもそも、明治天皇は大の写真嫌いで肖像画を描かれるのも避けていたとか。



記念切手の発行は、外国人の投書がきっかけ

さて、この当時、日本には記念切手の概念がありませんでした。

銀婚の祝典を記念する切手を望んだ在日外国人の新聞投書によって政府が動き、時の逓信大臣・黒田清隆の命で急きょ発行されることになりました。この外国人、切手コレクターだったのでしょうね。

祝典まで1ヵ月を切るなか、印刷局は不眠不休で作業にあたり、通常1~2ヵ月はかかる原版を5日で仕上げたそうです。

また、内地用(= 日本国内)、 外地用(= 日本統治国)との2種類があるというところが、歴史を感じさせます。

どこが外地として切手が発行されたのかは判明しませんでしたが、発行が1894年ということから、おそらく台湾のことでしょう。

ちなみにこの切手ですが、やはり「プレミア切手」のひとつで、1枚でも美品であれば1,000〜2,500円位の値段が付くようです。

特に外地用の青色の記念切手は発行数が少なく、50枚つづりのシートは、10万円以上らしいです。

バービー人形の誕生日

1959(昭和34)年3月9日、ニューヨークで開催された国際おもちゃフェアでアメリカの玩具メーカー・マテル社がバービー(Barbie)の着せ替え人形を発売しました。

初期のバービー人形は日本製

初期のバービー人形は日本で製造されていました。

当時、日本はアメリカに比べ人件費が安かったうえに(悲しいから今もですが・・・。)、繊維産業が盛んでしたので、人形本体と衣装をまとめて発注できるという理由が、日本が生産地としてえらばれました。

バービー人形といえば、こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀)49巻471話『なんてたって愛ドールの巻』を思い出します。

バービー人形についてうんちくを語る両津(両さん)に麗子と中川が感心していたら、更に上手のドール評論家を名乗る人物が、ひたすらマニアックな知識を教えてくれ、そのうえコレクションを披露してくれて両さんもドン引きという話ですが・・・面白かったなあ。



関門国道トンネル開通記念日

1958(昭和33年)3月9日、山口県下関市と福岡県北九州市門司区を結ぶ海底道路トンネルである関門国道トンネルが開通しました。

全長:3461メートル
海底部分延長:780メートル
幅員:片側1車線の2車線道路
工期:21年!
総工費:約57億円

工期が21年!実は国は鉄道の関門(鉄道)トンネルと同時に完成させたかったようで、起工式は太平洋戦争開戦前の1939年5月12日に行われています。

本坑の貫通は敗色が濃厚になった、1944(昭和19)年12月のことです。この時代に5年半で掘ってしまうとは。恐るべき根性と言いますか・・・。

本州・九州間をトンネルでつなげたのは国防上の理由も

もちろん当時は本州・九州の間も連絡船によって結ばれていましたので、この海峡を鉄道やトンネルで結ぶことによる安全性・効率性・利便性の向上が最大の目的ですが国防上の理由もありました。

当時、橋、トンネルの両案がありましたが、工費が安く国防上有利なトンネル案の採用が決定されました。橋だと爆撃されたら終わりですからね。目標としても分かりやすいですし。

歩いて渡れる海底トンネル

現在、関門国道トンネルは国道2号の一部で、有料道路になっています。料金は普通車150円、軽自動車100円。

また、徒歩でも通行できる人道トンネルも併設されており、歩行者は無料、軽車両(自転車・原付)は20円で、軽車両は押して歩くかなければなりません。

出川哲朗さんが「充電させてもらえませんか」でダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんとで電動バイクを押して歩いていましたね。

寺田屋事件

1866年3月9日(旧暦:慶応2年1月23日)、薩長同盟会談直後に京都・寺田屋に滞在していた坂本龍馬を伏見奉行の役人たちが襲撃した殺人未遂事件「寺田屋事件」が起こりました。

坂本龍馬の写真で龍馬が手を隠しているのは、この寺田屋事件の際に負った左手の傷を隠すためだと言われています。この事件以降、写真撮影の際には手が隠れる姿勢を取っていたようです。



その他の3月9日の記念日

その他の3月9日の記念日として

酢酸の日、佐久の日・ケーキ記念日、雑穀の日、緑の供養日、感謝の日、3.9デイ(ありがとうを届ける日)、ざっくぅの日、子宮体がんの日、ネットワークの日、脈の日、試薬の日、ザグザグの日、ミックスジュースの日、さくさくぱんだの日、サンクスサポーターズデー、西京漬の日、松本山賊焼の日、感謝状Shopの日、3.9サキュレントデー、サクナの日、クレープの日、パソコン検定の日、えのすいクラゲの日

などがあります。

3月9日の誕生花と誕生石

3月9日の誕生花:「アセビ」

アセビの花言葉には「犠牲」「献身」などがあります。アセビはスズランのように、1つの茎に沢山の花が連なって咲いています。

3月9日の誕生石:「キャッツアイ」

キャッツアイ。光の効果で猫の目のような変色効果を持ち、この名前が付けられました

3月9日生まれの有名人・芸能人(敬称略)

ユーリイ・ガガーリン 宇宙飛行士(ソ連) 1934年3月9日 – 1968年3月27日
カルロス・ゴーン 元実業家・逃亡者 1954年3月9日
木梨憲武(とんねるず) お笑いタレント 1962年3月9日